ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    符仁寺~善徳女王崇慕齋 その8
    前回のピダムの誕生日の更新から半月経ってしまいました・・・!いやぁ~、夏は何かと忙しく…っていうのもありますが、崇慕齋が行われたのが5月のゴールデンウイーク時、二ヶ月も経つと記憶があやふやな部分もあり筆が進まずw
    パンフレットにある当初の進行と写真の順番が違ったのであれれ?ってなってしまったんですが、脳みそを絞りだしながら残りを書いてみましたので間違っていたらごめんなさいと先に謝ってみたところで、長らくひっぱりました善徳女王崇慕齋ネタ、いよいよ最終回です。

    前回は符仁寺住職チョンジン僧侶挨拶までご紹介していたと思うんですが、続きましては音声供養という名の歌のコーナーです。
    パンフレットを貰った時に楽譜も一緒に貰っていたんですが、皆で合唱するのかしら?なんて実はちょっとドキドキしていたんですよ。古典衣装を着られた歌い手さんが出ていらした時にはホッとしました(笑)

    まずはキム・ギョンホ名匠による、「善徳女王讃」(?)というお歌です。
    公演1
    楽譜にあっただいたいの歌詞はこんな感じです。正しいかどうかはわかりませんので、雰囲気ということでw
    ***
    新羅山野~深い花園に大きな花一輪~どれくらい大きな喜びか~♪
    蜂 蝶 触れることのできないところの花一輪~どれくらい大きな喜びか~♪
    助けの手差し伸べて薪と食料も送られ~♪
    尊厳の腕輪もはずされ いつもにっこりお笑いになり~♪
    お別れする日も 葬むりなさる天も ガラスのように透けて見えおわかりになっていらした~♪
    お~1300年はむしろ時間のへだたりがなく
    善徳女王と同じこの国に暮らしたことは~どれくらい大きな喜びか~♪×3
    お~善徳女王と同じこの国に暮らしたことは~どれくらい大きな喜びか~♪×3
    ***
    とりあえず陛下のいらした国に生まれてものすごく喜んでいるってことはよくわかりました(笑)

    次の曲は、全州パンソリ合唱団による、「崇慕殿柱れん(?)歌」、 席にたくさん座っていらした美しいお姉様方の出番です。
    公演2
    色とりどりのチマがひらひらしていて、美しいです。もちろん歌声も。
    こちらも歌詞が載っていましたが、先程の歌よりも更に訳がわけわからない状況になってます(爆)
    ***
    善徳龍 非戒尊正
    九層宝塔神宮は
    三政をなし スンピョン后
    忉利天宮日月池
    新羅を治めよう時 黄龍寺九重塔によって
    九つの蛮国お勝ちになったかな~♪
    三国統一為して 戦争が終わった後にも
    忉利天宮殿に歳月は終わりがないかな~♪
    ***

    陛下の功績を讃えている内容なんでしょーね、きっとw

    続きましては献香です。
    お焼香
    前の席の方から順番に席を立って行くのでこれまた皆がするのかと思ってヒヤヒヤしましたが、献香したのは貴賓の皆さんだけでした。良かった~だってお作法がわかりませんもの(笑)
    見ていたところ、韓国も日本も焼香の仕方は同じでしたね。

    そして崇慕齋も いよいよクライマックス!般若心経奉読です。
    パンフレットを見てあとからこれが般若心経ってわかったんですが、その時は全く何言ってるかわからなかったんですよねー。「はんにゃ~はらみ~」じゃなくって韓国語だったので(笑)
    これがですね、僧侶の皆さんの木魚のリズムと読経とともに、横の人も、前の人も、モニターに映っている立見のおばさまたちも四方八方皆一緒に口ずさんでおりまして、
    私たち...超アウェイ(爆)

    今回崇慕齋に参加して改めてわかったのは、善徳女王を慕い讃える行事ではあるのですが、仏教行事色がかなり濃いということです。主催が符仁寺なので仏教が関連してくることは当たり前といえば当たり前なのですが、それ以上に寺や信徒さんたちでつくりあげている法事という感じがしました。

    さて符仁寺主催という話しが出ましたが、げんさんに教えていただいたニュース記事と当日の動画映像のページがあります。

    BBSニュース ☆をクリックすると別窓にて開きます→ 

    このニュース動画を見ると、あれれ?陛下の衣装を身にまとった貫禄のある方がいらっしゃるー。えー?私はこのコスプレ陛下見ていないぞーって思ったら、5月3日に符仁寺崇慕殿で行われたと崇慕齋は別に、前日の5月2日の午前中に大邱市内の2.28記念中央公園で行われた別のイベントなんだそうです。
    このニュース動画では符仁寺の映像と前日のイベントの映像がごっちゃまぜに編集されているんでとってもややこしい状態になっていますが、前日のイベントは善徳女王崇慕会主催のものだそうで、一昨年までは符仁寺と崇慕会一緒に行事を行っていたそうなんですが、行事形式の考えの違いから昨年から一緒に行事を行うことができなくなってしまっているそうです。
    どおりで昨年の崇慕祭映像を観ても、ダイナマイツボディなコスプレ陛下の御姿が見当たらないはずですよ、りばさん…!
    今年も行事を目前にした時点まで両方の団体が合意点を見つけることができず、最終的に双方が個別に行事を進行することになったそうです。

    2.28記念中央公園といえば大邱市内の中で繁華街に近い場所にあるので、午前中とはいえ結構人目に付いたことと思います。私はその日の午前中は飛行機で移動中だったんでどのみち見れなかったですが、翌日崇慕齋が終わったあと夕方そこの近くに買い物に行ったなーと思うとこのニアミスな感じにちょっと涙目です。符仁寺の厳かな仏教色の強い式典も良かったですが、イベントとしてはこちらのほうが面白そうな気も…怖いもの見たさというのはナイショw

    民を愛し慈悲深い心を見せた善徳女王を慕い、三韓一統の基礎を築いた善徳女王の功績を讃えようというこの行事。陛下がこの分裂している状況を見たら悲しいと思うので、ぜひ歩みよって来年はひとつのイベントとしてどっかーんと行ってほしいものです。
    ちなみに来年の旧暦3月15日は4月21日のようなので私は日程的に参加は難しいと思うのですが、ぜひ行ける機会のある方がいらっしゃいましたら、陛下に会いにどうぞ符仁寺まで足を延ばしてくださいませv
     
    *完*
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2015/07/23/Thu 22:13 [編集]
    げんさんへ
    げんさん、おはようございますv
    ようやくコメントをいただいた記事に返信辿り着きました(笑)

    ドラマを観ていて漠然と三韓一統という言葉を口にしていまして、でもそれは1000年以上も前の出来事なのでどこか昔のことという感覚があったんですが、この現代の今の状況も当時と同じく、同じ民族が分かれた国に暮らしている状況なんですよね。しかも仲良くしているならともかく、双方まだ戦いが終わっていない休戦状態でありますし。
    戦いは終わっていないというのは、韓国に行くと軍服の方をよく見たり武器を肩から下げていたり、地下鉄駅とかにもガスマスク的みたいなものが備え付けてあったり、ひしひしと感じます。

    これが、それぞれ別の切り口から攻めて善徳女王の功績を讃えるという風に前向きな形で別々に行事が行われるなら一粒で二度美味しいみたいでそれはいいと思うんですが、記事によると直前まで話し合いをしたが一緒に開催するには至らなかったということで、あきらかに運営方針の違いにより分裂ですよね。そう、それはやはり陛下の意に介しないことだと思うので、トンマンの知恵をもって合従してほしいですね。

    もっと前向きな形で二手に分かれてやりましょーな形なら、イベントとしては両方あっても面白いかなとも思うんですよね。
    符仁寺まではやはり信徒さんとか善徳女王マニアとかw、よっぽど興味のある人しか行かないと思うんですが、人でにぎわう街中の普通の公園でやっていれば、そこで興味を持つ人も出てくると思うんです。で、善徳女王の認知→ドラマ熱再燃→イベントや続編(またはアナザーストーリー)の制作や映画化...なーんてことが起こらないとも限らないですからね(爆)

    >今回の崇慕齋は、陛下を敬い讃えてやまない人たちで行われる式典に、陛下がmukugeさんを招待されたんですよvきっと

    うぁ~ん!最後に嬉しい言葉をありがとうございますvvv ←ハート連打してお返しですw
    崇慕齋の存在や様子をげんさんはじめいろんな方に教えていただいたゆえ、私も興味を持って、そして行ってみようという気にもなれたので、きっとmukugeご一同様でいただいた招待状ですねv

    陛下の御真に手を合わせた時に、トンピ好き代表として思わず「どうぞあの世でピダムとお幸せに暮らしてください…」と祈ってしまったんですが、ピダムの乱の真相が本当に「三国史記」などに書かれているとおりだったら…(本物の)陛下はきっとあの世からおいおい勘弁しろよ(ーー;#)と思ったことでしょーね(笑)

    げんさん、お返事が小出しになってしまってすみません。コメントありがとうございました^^
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/07/31/Fri 07:05 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.