ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    琉球探訪
    またまた脱線しておりまして、すみません。
    先週の土日に所用で沖縄に行ってきました。ええ、私の住むのは北海道、1泊2日…またまた弾丸旅行です。ま、アメリカ弾丸ツアーなど私の過去記事を読んでくださってる方は、いつものことだと驚きもしないと思いますけど(爆)
    いいのか悪いのか直行便使用だったもので、片道約4時間弱のフライト。韓国へ行くよりも長いっちゅー。しかも高い。なのに、国内ゆえに機内食が出ないっていうのは、なんとなく腑に落ちなかったりもします(笑)
    沖縄滞在時間は実質22時間。そして初日はその所用があったので、私に与えられた自由時間は朝から12:15の帰りの飛行機に乗る時間までです。ええ、あきらめません。何が何でも観光を…!ってことで、早起きして行ってきましたよ、首里城。
    ここがとっても面白くて、いろいろ私的ツボにはまりました。なので、首里城ダイジェストちょっとご紹介させてくださーい。

    ●ハブ注意!
    ハブ注意
    まじですか…。いや我が地元ではよく見ますよ、この手の看板。鹿に狐に、熊注意。バブも地元の人じゃあ当たり前で驚きもしないんでしょうが、蛇は好きですがハブは毒あるから怖いで~す。トンマンなら手づかみでとらえてハブ酒にしてくれそうですけどもw

    ●優美なボディライン
     首里城 城壁
    首里城は丘陵上に造営された城壁に囲まれた城ですが、日本や韓国の山城の城壁とはまた違った感じのこの美しい曲線美!
    石が穴がポツポツ開いている軽石風なんですが、サンゴや貝など生物の死骸が堆積した石灰岩だそうで、海に囲まれた琉球らしい素材です。

    ●第一の門、歓会門
    歓会門
    歓会門は首里城の正門であり、国王はじめ役人や外国の使者しか通れなかったそうで、女性はこの先にある現在見学ルート出口に使われている久慶門を使用したとのことです。
    石のアーチ状の城門の上に木造の櫓がちょこんと載せられているスタイルになっています。シーサーさんも入り口を守っています。

    ●どこかで見たような奉神門
    首里城 奉神門
    有料区間の正殿に至る最後の門ですが、なんせ早すぎてこの門とチケット売り場が空いておらずしばらく周辺をぶらぶらと(笑)
    でもそのおかげで門番がドラを鳴らしながら開門を告げる開門の儀式(8時半)が見れたので良かったです。
    この奉神門なんですが、3つの階段と門は中国建築に倣ったものだそうですが、そのうち中央は王と冊封使しか通れなかったそうです。 門じゃないですけど、3つの階段と言えばこれを思い出します。
    41話 和白会議
    列仙閣は、トンマン公主はいいとしてもミシルやユシンやチルスクまでもがこの階段を使ってましたね。ま、皆役職付でエライからいいのか(笑)

    ●本日の主役、首里城正殿
    首里城 正殿
    首里城の顔である正殿です。中は3階建てになっているのですが、王宮で一層じゃないものを初めて見たかもしれません。中国と日本と琉球の建築様式を取り入れているそうです。
    朱塗りや金の模様がとても鮮やかですが、これはもちろん再建したもので戦後何もない状態から遺構の上に復元したものでした。
    この周りの建物が資料室になっているんですが、そこで上映していた再建までのビデオがとても面白かったですね。いろんな時代の遺構があってどの時代のものに合わせて復元するか、そして色であったりや瓦に関してもほとんど資料が残されていない状況で、同じ時代にあったであろう中国の紫禁城や韓国の昌徳宮などに実際に視察に行き、今の姿で再現したそうです。
    普通門からまっすぐに歩いていくと正殿の中心に着くと思うのですが、奉神門の入口が正殿の中心よりちょっとずれており、そのため正殿から奉神門に伸びる王しか通れなかったという浮道と呼ばれる道がまっすぐではなくななめっているのが気になって、気になって。風水的なものとか何か深い意味があるのかと思ったら、購入したパンフレットに「地形上の制約や周囲の建物の度重なる再建などによる結果」だそうで深い意味はなかったようです(笑)
    屋根や妻飾り、そして中の玉座などあちこちにたくさんの龍がいますが、特に正面にまっすぐ立っている龍柱が珍しくて目立ちます。まっすぐなので老け顔の辰のオトシゴにも見えたりしますが(こらこら)、それが左右であ・うんの顔をしていて違ったり、赤い軒丸瓦が良く見る蓮とかではなくハイビスカス風な花だったりするのも面白いです。

    ●聖なる玉うどん
    玉陵
    玉陵と書いて、たまうどぅんと読むそうです。なにやら昆布のダシを想像させるネーミングです。(←怒られますって)
    琉球第二尚氏の御陵なのですが、実は今回ここが一番、感動した!場所であります。行ったときには誰~もいなかったせいもありますが、ここは東南アジアのどこかの国か?と思うほどの見たことのない石の建造物で、なんと神秘的なことか。
    中央の室は洗骨の前に遺体を安置した場所、向かって左側は歴代の王と王妃の遺骨を安置した場所、向かって右側は定められた王族の遺骨を安置した場所で、いわば王族の合同墓地なんですよね。南の地方独特の家の形をした蔵骨器に入れ安置しているのも独特で土地の違いが面白いなと思いました。

    ●番外編 空から日本を見てみよう
    阿蘇山
    昼間天気のいいときの飛行機に乗ることが珍しくて、生き帰りとも窓際だったもので、機内誌に乗っている地図を比べながら、日本列島を上から眺めておりました。楽し~い♪
    これは位置的に阿蘇山だと推測した山です。もくもく煙があがっていて、わー地球は生きている…!と実感いたしました。

    以上、沖縄、ハードだったもののめいっぱい楽しみました。沖縄は2回目だったんですが最初に来た時も市場で買い物して終わってしまったので、次回またチャンスがあるなら沖縄の人に合わせてせかせかせずに、ゆっくりビーチでくつろぎたいです(笑)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2015/10/24/Sat 23:48 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2015/10/27/Tue 19:37 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、こんばんはーv
    そうなんです、行ってきたんですよ~、ビーチなしの沖縄www
    実はうちの両親が団体ツアーで首里城に行ったんですが、感想を聞いてみたらまぁフツーという返答で…(汗)であまり期待して行かなかったんですが、個人でじっくり色々周ってみたら思いのほか面白くて感動したんですよ。なのでちょっとお伝えしたいと思って記事にしてみました。喜んでいただけて、ありがとうございまーす♪
    おお、お嬢さんは台風にぶち当たってしまいましたか…。大変でしたね。台風多いところですし、良い天気に当たるように日程決めるのは難しいですが、私の行った日はお天気も良くてラッキーでした。ただ、ストーブ付けてた地元から行ったので暑く感じて、また時間も無く最後は走ったりしたのでw汗だくで、帰って来たら首に汗湿疹ができておりました…(わお!)
    ヨルソンカクは無理やりこじつけちゃいました(笑)
    「歴史秘話ヒストリア」見ました、見ました!私もちょい声が違うなーと思いました。ほら、前にも言いましたが私の持統天皇のイメージはヨウォンさんですから(笑)でも若い頃と晩年の声を使い分けていたのはさすが声優さんですね。
    内容も面白かったですよね。あきはさんへの返信にも書きましたが、ちょいちょい持統天皇の面影が残るところに最近行っているので、そこがちらちら映るので楽しかったです。天武持統天皇の陵も紹介されていましたが、時がたって持統天皇の骨壷が盗まれて、その骨は山中に捨てたとか犯人は供述しているんですよね。うわぁ~ん、せっかく夫婦一緒に眠っていたのに、かわいそうです。まぁ、仏教の世界観で言えばすでに成仏しているかとは思うんですが。
    今年はハロウィン何もできなかったんですが、ほっちさんに楽しませていただきました~♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/11/01/Sun 22:34 [編集]
    げんさんへ
    げんさん、こんにちはーv お返事のお気遣いありがとうございまーす。お言葉に甘えましてゆっくりと、珍しく本日は昼間に家におります(笑)
    そうなんです、行って来ました沖縄!しかもげんさんのお察しのとおりですwww
    せっかく行くのでね~、それだけではもったいないじゃないですか。少しでもその土地のものを、景色も食べ物もそしてお土産も!楽しまなくてはもったいないですよね。ええ、大きな口でもれなく惜しみなく吸い込んできました(笑)
    ついでに食べにいってみたいお店を探すのも、その作業も楽しかったりしますよね~。時間が無いながらも今回は沖縄タコス発祥の店というお店に無理やり行ってみましたが、美味でございました♪そして深夜にジーマーミ豆腐をあてに、オリオンビールはお約束ですね。コンビニ物ですけどもw
    さてさて、首里城ですよ(笑)ほんと首里城といい玉陵といい、アジアンでオリエンタルなんですよ~まぁ地図をあらためて良く見たら沖縄ってほんと中国に近いですよね。琉球王国は中国や韓国をはじめ東南アジアの国々と貿易を行っていたので、そういった文化も入ってきて建築物にも影響があったのでしょうね。
    むりやりこじつけた善徳の三階段もですね、韓国の昔の建物も、琉球の建物も、少なからず中国の影響は受けているでしょうから、似ているとこがあってもおかしくはないなーってことでw
    建物も面白かったですし、それぞれ隣接の資料館も面白かったです。最近小さな資料館で売っている地元の教育委員会で発行している小冊子にはまっているので、それもゲットできて嬉しいです。その土地のことをどんな本よりもマニアックに解説してあるんですもん(笑)
    心残りは、琉球コスプレできなかったこと位wで、100%以上満喫してきました~v
    飛行機の上から外見るのって楽しいんですよね。前に富士山やディズニーランドの花火が見えたときも感動したんですが、今回は大地が生きているということが感じられて。ほんとげんさんのおっしゃるように、もくもくだけで大人しくお休みしててほしいですよね。
    ではでは、独り言記事に反応くださいまして、ありがとうございました~♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2015/11/03/Tue 11:53 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.