ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 女王編 その7

    本日4月9日は、イ・ヨウォンさんのお誕生日でーす。
    毎年お誕生日恒例となりつつなりますが、私はこの企画でお祝いの気持ちを表せていただきます!
    しかし、今回の衣装は、寝衣です。パジャマ、パジャマですよ~お誕生日祝いにパジャマを取り上げてトンマンには申し訳ないです。私達にはごちそうですけども(笑)

    ●上半身
    ソラコレ 上半身
    白い薄い裳の上に、ちょっと生成りがかった白の厚めの衣を羽織っております。
    この衣、ガウンのようなものでお布団に入るときには脱ぐのかと思っておりましたが、脱がずに布団に入っていましたね。肩懲りそうなんですが、大丈夫でしょうか?(^^;

    ●横姿
    ソラコレ 横姿
    白い生地の中に金のラインや模様を入れていて、アクセントになっています。
    袖の模様が画像にすると見えないんですが、テレビの画面を目を凝らして見ると、お花のようにも見えます。菊のような、マーガレットのような…ってどっちもキク科ですねw

    ●後姿
    ソラコレ 後ろ姿
    衣の袖や前のほうには模様がありますが、後ろ側はどうやら無地のようです。
    ヘアスタイルは横の髪をねじって後ろでしばったハーフアップにし、衣とおそろいの生地のひもで結んでおります。

    ●衣
    ソラコレ 襟
    襟、衣のすそ、そして帯だれの模様はこのような模様になっています。
    ソラコレ女王編5」でとりあげた訪問着の袖と同じ模様ですね。
    万事が自分の思いどおり叶うように願うという意味のある如意文の形にも似ていますが、トンマンの最後のささやかな夢は結局かなわなかったんですよね(泣)
    そんな中、ひそかにちっちゃなハートがあってかわゆいv
    ソラコレ 袖
    袖の形は他の衣装と同じようにまあるい形をしています。そして見ごろは脇の部分で前と後ろにパカっと割れております。基本的なつくりはいつも着ている衣装とそう変わらないようです。

    ●耳飾り
    ソラコレ アクセサリ
    普段している重そうな耳飾りはつけていません。って寝ること前提な衣装なのであたりまえなんですけども(笑)
    ほんとうは、この肩の力を抜いてピダムを頼り切った幸せそうな顔をした画像を使いたかっただけなんですw

    ●この衣装の名場面
    58話 胸トントン
    58話 なぜ眠れないのですか?(上大等、鼻の下が伸びきってるよw)

    ●登場話
    58話・62話

    ●その他
    寝るときの衣装といえばもっと薄くて寝やすいものであれば良いのに、やはり王というものは寝るときもその重圧から解き放たれることがないかのように、また本心をも見抜かれないかのように厚みのある鎧のような寝衣です。
    公主のときもほんのちょっとだけ寝衣が出てきましたが、そのときはもっと薄そうでした。
    あんなに上にいっぱい重ねちゃ脱がせ辛いだろうに…(小声)
    というのはさておきw、眠れないと言っていたトンマンをピダムがやさしく胸トントンして眠らせたとき、ピダムの最期の言葉がもう人から呼ばれることがないはずのトンマンとう名前であったことを聞かされて涙ぐんだとき、ピダムの真心が伝わる時にこの寝衣を着ていました。その真っ白な衣装がピダムの真心を、そしてふたりの純愛を際立たせているような、そんな思いもします。

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    拍手コメントをくださったchenwenさんへ
    chenwenさん、こんばんはーv いつもソラコレの応援してくださってありがとうございます!
    そうなんですよねー、このトントンシーン、カット版には入ってないんですよね。トンマンにとってピダムがどういう存在であったかよくわかる場面なのに、よりによってですよね。尺に限りがあるのはわかりますが、そのカット基準がよくわかりません。
    そして最終回でカットされたチュンチュに遺言を残す場面もこの衣装だったので、なかなかカット率の高い衣装でもあります(^^;)
    女王編もあとわずかになってしまい、次の更新はいつになるかなー?という感じですが、引き続きよろしくお付き合いお願いいたしまーす♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2016/04/11/Mon 23:17 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.