ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冬の慶州旅 その13 新羅ミレニアムパーク 真骨家屋
    〈2015年12月の慶州訪問時の記事です〉

    次は真骨家屋です。聖骨の次に高い階級である真骨が住んだ家屋で、真骨は父系と母系のうち片方だけ王族である身分です。
    ドラマ内ではピダムやチュンチュ、ヨンチュン公など登場しましたが、チュンチュこと太宗武烈王の代から真骨出身が王位に昇りはじめました。

    真骨 遠景
    聖骨家屋ほどではないですが、それでもやはり広いです。

    真骨 看板
    真骨家屋の間取りはこんな感じ。

    ●正門
    真骨 正門
    こちらも立派な門ですが、白壁の聖骨家屋に比べて黄色がかっておりますが、真骨家屋の塀には石灰を塗ってはいけないと決められていたので、そのままの土壁になっています。

    ●アンチェ(母屋)
    真骨 母屋
    真骨家屋の長さや広さは二十四尺を越えてはいけないということで、聖骨屋敷の母屋よりは小さめの作りとなっています。

    ●井戸・台所
    真骨 井戸
    それでも井戸は聖骨と変わらずちゃんと屋根が付いていますし、雨の日でも濡れなくていいですね。

    ●トイレ
    真骨 トイレ
    さぁ~お待ちかねのトイレです(笑) 
    恐る恐る扉をひっぱってみると…今度は開きました~♪
    真骨 トイレ 中
    中に入ってみると、便器と思われる部分は一段高い板の間になっています。穴が二つありますが、どう使うのかはわかりません。和式のようにまたぐ形でいいんでしょうか?

    ●車庫
    真骨 車庫
    真骨の車の材料には紫檀(木質が堅く美しいつやのある熱帯産の香木)・沈香(熱帯産の香木)を用いないと規定があるので、聖骨の車とは材質が違うはずです、たぶん(笑)
    また、玳瑁をつけることができない、金・銀・玉で飾らない等のきまりがあります。

    ●その他
    その他には、唐瓦を葺いてはいけない、
    高い軒をつけてはいけない、
    懸魚(魚尾の形に作り、棟の端につける飾り)を刻んではいけない、
    金・銀・鍮石・五彩で飾ってはならない、
    階石(きざはしの石)を磨いてはならず、三段の階を置いてもいけない、などとあります。
    真骨 その他
    また、垣根には梁・棟を載せてはならないとあり、聖骨家屋の塀部分にも家屋の屋根のようなものがかぶさっていますが、真骨家屋の塀は瓦が載っているものの淡粧瓦で、シンプルになっているんですね。

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。