ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション 番外編 ボロ服ピダム

    7月7日はピダムの誕生日です。ピダムおめでとう~v
    ・・・って、忘れていたわけではないんですよ。ちょっとゆっくりPCに向かう時間が無くって遅くなってしまいました。
    ミアネヨ、ピダム。
    遅ればせながらピダムの誕生日祝いとして、ピダムのファッションチェック企画をしたいと思います!ボロ服のだけどw

    ●全身
    ピダム 初登場
    初登場時です。
    片足をひざまで捲りあげるなど、着こなしのアレンジがいろいろきくフリーダムな衣装です。

    ●袖
    ピダム 袖
    袖も羽織の肩の部分も、端の処理は切りっぱなしになっています。今の感覚だとおしゃれに見えるんですけども、デザイン性を求めてこうしているわけではないんですよね、きっと。

    ●襟
    ピダム 襟
    この襟、まるでフリルのようで、よく見るとキュートです♪

    ●ズボン
    ピダム ズボンの穴
    ボロ服風に見せかけているけど、それほどボロじゃないよねと私思っていたんですが、あれ、ズボンに穴が開いていますね。本当にボロでしたw

    ●背衣
    ピダム 背中
    この衣装、何種類かの布を組み合わせて作っているんですが、全部織り方は違えども無地だと思っていたんです。
    ところがよく見ると、背中の部分、薔薇の花のような模様が入っていたんですね。見えるでしょうか?画像クリックするとちょっとだけ大きくなります。

    ●靴
    ピダム 靴上面
    あら、結構現代的なオシャレなデザインだったんですね。
    ピダム 靴裏側
    ぺたんこ靴ではなくかかとがあります。2.5cmヒール位でしょうか?
    ズボンの裾も切りっぱなしです。

    ●ミサンガ
    ピダム ミサンガ
    よく見ると、結構カラフルなんですね。
    このミサンガ、最初のうちはしていなくって、途中から確認できるようになりました。見落としていたらごめんなさいなんですが、最初に私が確認できたのは25話、誰にもおくさない自信があるというピダムに、トンマンがいいというまでは敬語を使うなと命令する場面の後の、洞窟で作戦会議をする場面です。もしかしてトンマンがあげたものだったりして。桃太郎が犬を仲間に入れるのにあげたきび団子的な?w

    ●この衣装の名場面
    30話 公主様に忠誠を誓います
    30話 ピダム我が主君トンマン公主にごあいさつを

    ●この衣装の登場話
    21話~33話、60・61話

    ●その他
    ピダム 大人
    ピダム初登場時から着ているこのボロ服ですが、皆さんご存知のように60話にて反乱勢力を己の力で征伐しに行った時にこの思い出衣装を引っ張り出して着ていましたね。
    物持ちよすぎるよピダム、と笑ったりしてましたが、さすがに笠はエラくなってからのものですよね?(笑)

    善徳特番の中で、善徳女王全衣装6億ウォンの中で一番安い衣装と言われていたこの衣装。20万ウォンだとか。日本円に換算すると今のレートで約2万円。あれ?そう考えるとなかなか高級な服に見えてきますが、設定はボロ服ですw

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2016/07/11/Mon 12:03 [編集]
    ほっちさんへ
    ほっちさん、コメントどうもありがとうございました!
    そしてこちらのコメ返が毎度遅くなっていることをお許しくださいm(__)m
    パソコンに向かってちゃんとお返事しようと思ったら、さらに遅くなっていまいました(土下座)
    本当は誕生日に間に合わないし、どうやってお祝いするかも思いつかなかったので(前によくやっていたグリーティングはインスピレーションがわかなくって/泣)、まぁこのままスルーしちゃおうかな~なんて思ったりもしたんですが(←トンマン生誕祭との温度差ありすぎだろ←自分に喝)、ほっちさん達がお祝いしているのを見て、あーやはり私も祭りにのっからんとと思ってそこから考えたあげく、ピダムのファッションチェックにしました。
    と言うものの…カミングアウトしちゃいますが、本当は男の服なんて地味なんで面白くないものですから、一気にピダム全衣裳を取り上げようと思ったんです、当初は。でも見てたらボロ服だけでネタがいっぱいになっちゃったので、今回はボロ服のみになりました。この先シリーズ化できるかどうかは謎です(笑)
    ピダム服の薔薇模様は、ミシルの乱の時のものが結構印象深いですが、まさかボロにも模様がついているとは思わなかったので、思わずリモコンで画面止めちゃいました。いろんな種類の生地を使っているのは、旅の途中でちょっとずつ貰った生地で作ったからだったりして。ピダム器用そうなので、自分で縫ってたりしたら面白いんですけどw
    血液ってなかなか落ちづらいですよね。せっせと手下たちが洗ってたりしたら、手下たちがかわいそうすぎて泣けますね(笑)
    ミサンガは確かナムさんのこだわりでつけてたと、何かのインタビューで言っていた気がします。バガボンドをイメージしたとも言っていましたし、ズボンの裾を片足だけあげたり、ちょっとワイルドさを出すための小道具なのかもしれませんね。そして花郎になってからはしていないんですよね。袖が絞ってあるので、見えないだけかもしれませんが。ミサンガが切れてトンマン公主の花郎になるという願いがかなったからでしょうか?(笑)
    ほっちさん、いつもいつも細やかなコメントありがとうございます。
    mukuge(むくげ) | URL | 2016/07/19/Tue 22:25 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.