ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新・MBCドラミアへ行ってきた! その46
    <2014年3月のドラミア訪問時の記事です>

    更新の間がすっかり空いてしまって忘れてしまったかと思いますが、前回は主にトンマン公主のお部屋として使われていた徳化宮を紹介させていただきました。
    その横のエリアに足を進めてみると、こんな場所でした。
    ドラミア 2
    こちらの池は、ピダムが震えるトンマンの手を握ったり、トンマンがピダムに指輪を渡したり、トンピファンにとっては思い入れの深い場所ですねv
    5-31話
    しかしあえてここはチルスク&ソファの大人カップルのシーンをご紹介(笑/31話)
    善徳撮影当時は、太鼓橋はなかったんですよねー。

    ドラミア 7
    次は徳化宮側の建物を横から見てみます。
    7-21話
    21話、チョンミョン公主への取次ぎを待っているコクサフンですが、ウルチェに見つかっちゃったー(汗)
    梁の模様の色が、善徳当時とはちょっと違ってますね。

    ドラミア 1
    さて、池の側にある石の手すり。
    1-59話
    59話、唐の使臣へ渡した密約の印の扇がトンマンの手に渡ったことを知って、手すりに掴まりうなだれるピダム。
    お約束で、同じ場所を掴んで私もうなだれてみました(笑)

    ドラミア 4
    その建物の端のほうにある、徳化宮へ抜ける通用口のような門。
    4-38話
    38話、門の向こうには怖いアイツが…
    狛犬もどきは健在ですね。

    ドラミア 6
    さて、池亭に目を向けてみます。
    6-4話
    4話、次々に息子が亡くなるのは、双子を産んだせいだと自分を責めるマヤ王妃。
    扉が当時とは変わっていますね。

    ドラミア 3
    最後に池の向こう側。色とりどりのあじさいのような花が咲いていて綺麗です。
    3-20話
    夜の場面ですが、20話では自分の出生の秘密を知ったトンマンと、チョンミンです。
    トンマン衝撃の場面ですが、落ち込んでいるトンマンとは対象的に、ほんのりとともした灯りの雰囲気が幻想的で素敵です。

    ●主な使用場面
    01話 ペクチョン王子に別れを告げるウルチェ
    04話 息子の死を嘆くマヤ王妃
    20話 落ち込むトンマン
    21話 取次ぎを待つコクサフン
    30・37話 話をするトンマンとユシン
    31話 チルスクとソファ
    38話 怖い男に怯えるチュンチュ
    40・41話 トンマン公主と花郎ピダム
    45話 ユシン・アルチョンvsミシルの手下
    55・59話 うなだれるピダム
    56・57・60話 善徳女王と司量部令(上大等)ピダム
    61話 トンマンとチュンチュ

    2年半もひっぱってしまった二度目のドラミア訪問記事ですが、やっと次回で最後の場所になります。
    長かった~^^;
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。