ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    博物館で善徳女王
    またまた久しぶりの更新となってしまいました。
    唐突ですが、夏休み韓国に行ってきました。夏休みと言っても、今月の頭の話ですけど(笑)
    今回は特にロケ地めぐりを企画していたわけでもなく、行き当たりばったりノープランな旅だったんですが、急に思い立って行った博物館二箇所で見つけたちょっとした善徳ネタです。



    まず訪れたのは、韓方材料を多く扱う京東市場にある「ソウル薬令市 韓医薬博物館」です。
    韓医薬関連の資料の展示をしているこの博物館、自分が飲んでいたり聞いたことがある韓方材料がたくさん展示されていましてそれだけでも面白かったんですが、やはり『善徳女王』に出てきた薬剤を見つけるとさらに楽しくなりますよね♪

    たとえばドラマ中にはこんなシーンがありました。
    22話 さいしん
    21話、トンマンと引き換えに、200人分の細辛を手に入れたピダムでした。
    その『細辛』が博物館に展示してありました。
    細辛
    真ん中のものが細辛ですが、ガラスが反射して見づらくてすみません。
    ケイリンサイシンまたはウスバサイシンの根や根茎を乾燥したもので、根が細く口に含むと非常に辛いためこの名前が付けられたということです。
    体内表面の邪気を除き、咳止め、痛み止め、陽気を補い寒邪を除去するなどの効能があるそうで、ドラマ内では流行り病の治療にムンノが使っていましたよね。

    お次はこちらのシーン。
    18話 かいくじん
    18話、忍び込んで上書を置いてくるだけだと言い聞かせたにもかかわらず水差しを盗み、それを精力剤と交換したチュクパン。
    王室のお宝と交換しただけあって、かなり貴重な薬剤のようです。
    希少薬剤と書かれているコーナーに展示してありました。
    海狗腎
    『海狗腎』は一夫多妻絶倫動物オットセイの陰茎および睾丸を乾燥したものらしく、効能はもちろん強壮、補血、強精薬として。チュクパン女好きですが、歳が歳なんで必要なんでしょうねw



    さて、次に訪れたのが、以前も訪れたことのある「国立中央博物館」です。
    同じ敷地に「国立ハングル博物館」が出来たので行ってみたのですが、せっかくここまで来たのだからやはり中央博物館にも寄って例のあれにご挨拶しなければと…。
    金冠
    はいっ、新羅の金冠、皇南大塚の金冠および腰佩は今日も輝いておりました(キラキラ)

    たくさんありすぎる展示品に相変わらず目を奪われましたが、その中で今回気になったのはこちら。
    新羅の武器を展示してあるコーナーです。
    新羅の武器
    『新羅の武器は、鉾、刀、矢じり等の攻撃用と、鎧かぶと等の防御用がある。
    このうち、王族級の陵墓で出土された金や銀で華麗に装飾された「環頭大刀」は武器としての用途だけではなく、権威を象徴することもあった。
    特に「三環」「三葉」「龍」「鳳凰」を飾った「環頭大刀」は新羅の支配下に入ってきた地方の有力者に下賜することもあった。』

    新羅の剣
    上記の説明書きに書いてある「環頭大刀」が展示されていました。このデザイン、どこかで見たような…。

    62話 ピダムの剣
    あ、やっぱり。ピダムの剣ですね。
    『武器としての用途だけではなく、権威を象徴することもあった』とのこと。確かにピダムがエラくなってから登場した剣ですよね。
    ボロ服時代はこんなきらびやかな剣はもちろん使ってはおりませんでした。
    ただし、ピダムは権威を象徴するだけではなく、それ以上にざっくざっく人を斬ってましたけどね(^^;)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2016/10/18/Tue 00:10 [編集]
    ご無沙汰しています(^-^)/
    お元気にお過ごしですか?
    覚えてますか?junです(←一応、自己紹介してみました)
    時々、mukugeさん家にお邪魔してはブログを読んで癒されてました。
    なかなかコメント出来ずにごめんなさい。

    BSでまた善徳女王の放送が始まってますね。
    ちょうど仕事始めの時間と重なるので、ヒマな時は見入っちゃったりしますが、
    仕事の相方に怒られるので後ろ髪を引かれながら作業に取りかかったりしてます(笑)

    もうかなり古いドラマになるのに
    キャスト・ストーリー・時代背景など
    何度観ても完成度の高いドラマだなと(若干の贔屓目目線としても)思ってしまいます。
    女王様になってからのストーリーは
    個人的は色々思うところもありますが、
    即位するまでの展開は、やっぱり面白いですね。

    いつ放送なのかどなたが出ているのかよく知りませんが
    「花郎(ファラン)」という新作ドラマがあるとか
    ご存知ですか?
    トンマン女王の時代だとさらに楽しみだなと思っていますが。

    では、また遊びに来ます!(出来れば年内に(苦笑))
    jun | URL | 2016/10/25/Tue 14:14 [編集]
    モンさまへ
    モンさま、はじめましてこんばんはv
    2011年からこちらにおいでくださっていたとのこと、なんとかなりの古参じゃないですか。勇気を出してコメントしてくださったのに、お返事が遅くなってしまってほんとにすみませんm(__)m

    私も同じです。韓国ドラマはそれこそ冬ソナの第一次韓流ブームの時から色々見ていますが、ファンブログを立ち上げるほどハマったのは善徳が初めてです。そして今でも愛を冷めさせてくれないのがすごいドラマです。

    初韓国が一人旅とはすごいですね!素晴らしい善徳愛です。今でこそ年に何回も渡韓する私ですが、最初は友人と、しかもパックツアーでした。あかすりエステプランっていう←聞かれてませんよねw
    しかもビドルギナングの滝とはまたなかなか一人では行き辛い場所ですよね。ほんとディープですねー。羨ましい~一度は行ってみたいと思いつつ、ダムに埋没騒ぎなどもありましたが、まだ無事っぽいのでこれからの目標にしたいと思っています。いつのことになるかはわかりませんが。

    番外編、見たいですよね。あの二人ならたとえ50を過ぎても公主や花郎に上手く化けてくれるかと思いますがw、私が年を食いすぎないうちに見たいです。

    BSの放送と共にまたブログに訪問してくれる方もありがたいことに増えてきているのですが、残念なことにちょっと今記事を書ける状態ではなくて、なかなか更新がままならず…。でもやめるつもりはないので、またちょくちょくのぞいてみていただけたら嬉しいです。
    久しぶりにお初な方にコメントいただけて、とても嬉しかったです♪よろしかったらまたお話ししましょう。どうもありがとうございました!
    mukuge(むくげ) | URL | 2016/10/26/Wed 21:09 [編集]
    junさんへ
    junさん、こんばんはーv
    junさんもせっかくコメントくださったのに、お返事が大変遅くなって申し訳ございません(謝)
    て、覚えているのに決まっているじゃないですかw むしろ私のほうこそ全然更新もしていないし、存在が薄くなっているだろーなと思っていたところですが、変わらず遊びに来てくださっていたとは嬉しい限りですv 

    BSでの放送、見れる時間であればそりゃ見ちゃいますよねー(笑)私は前回のBSフジでの放送分、まだハードに入ったままにかかわらず無条件で録画だけしちゃってます。もう条件反射ですねw
    先日始まったばかりかと思ったら、もうピダム登場なんですよね。毎日だと早いですね~
    これだけ完成度の高いドラマですから、また新たなファンを獲得してるに違いないと思います。

    「花郎」というドラマがあるんですね。最近とんと世俗から離れた生活をしてるので、まったく知りませんでした。
    今ポスターぐぐってみましたら、黒花郎だらけw いやだー!黒い花郎はピダムだけでいいー!詳しくないのですが、K-POPスターがたくさんキャスティングされた華やかな感じですね。時代はトンマンのひいおじいちゃん真興王の頃のようですね。おじいちゃん、長髪垂らしてかっこよくなってますwww

    私のほうこそ、年内に一つくらいは記事を更新できたらいいなーとは思ってはいるんですが…。でもこうしていろんな方に支えられていることがとてもありがたいので、近いうちに元気にまた楽しい記事を書きたいと思っています。
    コメントありがとうございました!よかったらまた遊びに来てくださいね。
    mukuge(むくげ) | URL | 2016/10/31/Mon 22:00 [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | | 2016/11/14/Mon 00:20 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.