ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    善徳的にみる流行語大賞2016
    冬眠、といいますか秋眠をしているうちに、なんと気づいたらもうムンノも走る師走!(←毎年同じネタを使ってすみませんw)
    今年も「流行語・新語大賞」の季節がやってきました。

    今年大賞に選ばれた今年の世相を現す言葉はこちらです!

    「神ってる」
    神ってる
    百済軍に囲まれ絶対絶命のピンチのときに、「円陣~!」と神懸かったカリスマ性を発揮し、必ず生きて帰ると百済軍に抵抗を試みたトンマンです。
    ですがこの神った行動は決して偶然の産物ではなく、日頃ユシンに厳しく鍛えられた中での知識であり、努力のたまものなんですよね。

    トップテン入りした中からも。

    「(僕の)アモーレ」
    俺のアモーレ
    いや~、もうなんのひねりもなくそのまんまなんですが、ピダムのアモーレ(愛する人)、トンマン公主。
    知らずうちに赤子の頃に出会っていたトンマンとピダム、その後二人は再会し、そして最期の瞬間まで一生涯、トンマンはピダムのアモーレでした。

    「ゲス不倫」
    ゲス不倫
    「ゲス不倫」という言葉を聞いてまっ先にイメージしたのがこのミシルの表情です。いえ、このしなだれかかっている胸のお方はミシルの正妻ならぬ正夫のセジョンさんであって決して不倫ではないんですが、なんとなくw 
    現代とは違って新羅では婚姻外の愛人を持つことは公式に行われており、ミシルも夫セジョンさんの異父兄真興王の側室であったりもして、善徳の世界はなんともすごい相関図になっていました。不倫は文化だ~!

    「聖地巡礼」
    聖地巡礼
    善徳ファンとしましては、やはり新羅の都があった慶州が聖地であったりいたします。
    また撮影が行われた旧ドラミアや新羅ミレニアムパーク、加恩SBSセット場などの撮影地もまた聖地といえます。
    その聖地巡礼をした記事は「旅アルバム」のカテゴリに残してありますので、よろしかったらご覧になってみてください。(新しく訪問してくださった方もいるかと思い宣伝してみましたw)

    「トランプ現象」
    トランプ現象
    理想よりも現実に重きをなすトランプさん。ミシルもまた民の現実をトンマンに説きます。
    対してトンマンは、民に必要なものは希望だという理想をミシルに語ります。
    まつりごとというものは、理想と現実どちらか一方だけは成り立たず、その両者のバランスをうまくとり、歩みよることが必要なのは今も昔も必要なことに思えます。

    毎年ネタにしているこの「流行語・新語大賞」ですが、今回は休みボケのせいか、善徳に置き換えてのネタがあまり浮かぶものが少なくってありきたりの内容になってしまいましたが、少しでもお楽しみいただければ良いのですが…。
    ちなみに、私個人的な大賞は「ポケモンGO」!←いまだにハマって歩いてますwww
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.