ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    MBCドラミアに行ってきた! その12
    これより先は、セット場の紹介をドラマの画像を参考添付して記事を書きます。
    もしかすると、ドラマの素敵な世界観を一気に現実的にしてしまう可能性も無きにしもあらず!?
    それはそれ、これはこれという大きなお心でご覧いただけたらありがたいです。


    えーっと、何ヶ月ひっぱるんだというこの記事。そろそろ巻きを入れたいと思いますw

    その11で扱った鮑石亭の水溝を取り囲むように建物が立っておりましたが、それがこちらです。
    回廊1
    ↑咲き乱れてる花で隠していますが、ガイドさんがピダムのボードの前で、ナムさんの赤黒ラブシーンのエレベータープレイ(指キス)を実演してる最中です(爆)

    回廊2
    今までの建物の前にもありましたが、ドラマのどんな場面で使われているセットかの紹介の立て札があります。ここは「善徳女王」オンリーで赤子を連れ出すムンノや、神殿で郎粧をする花郎を見ちゃったマヤとソファの写真が紹介されていました。

    この建物はたくさんの回廊で繋がれているんですが、こちらから見て一番手前の廊下は29話の公主追認式へ向かうトンマンが助さん格さんを従えて闊歩してる場面で使われておりました。
    29話 公主追認式へ
    他にも36話にてユシンにヨンモを娶れとミシルが高笑いするシーンもここの廊下でした。

    さて、この建物の柱には「君香一叶舟」とか「但愛屯戸壱」とかなどの五文字熟語が書かれているのですが、これは漢詩かなにかなのでしょうか?学が無い私はよくわかりませんが、場所の特定におおいに役立ちました(←そんな使い方!)。
    回廊3
    この建物、廊下がたくさんあってどの部分を使っての撮影なのかぱっと見わからない場面もあったのですが、この柱に書かれた文字の部分を拡大してみてわかった場面もありました。
    ↓この場面は手前よりひとつ奥側の廊下での撮影と思われます。
    35話 ピダムとミシル
    35話で比才で失格になったピダムとミシルの会話のシーンです。このシーンに限らず廊下での親子の会話たくさんありましたね。

    ピダム
    最後にピダムソロショット。ひとりぽつんとここに立っているわけですが、階段を何段か上がった先には陛下がひとりでいるわけですよー。トンピファンとしてはピダムを担いで階段をのぼってでも、2人を並べてあげたい気持ちでいっぱいでございました。
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.