ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    帰還いたしました
    火曜日の夜に帰国しましたが、次の日からすぐ仕事等でバタバタしてたり身体が痛かったりで、ご報告が遅くなってしまいましてすみません。
    留守中にもかかわらずおいでくださった皆様、ならびにお出迎えくださった皆様ありがとうございました!
    私の感謝のき・も・ちです(はあと)

    ハートのオブジェ

    私2泊4日の弾丸ツアーながら、サンフランシスコに行っておりました。行き先は韓国とも言えなくもないと言っていたのは、ソウル経由で行ったためです。
    ちょっと用事があって行ったんですが、それだけではもったいないので短い時間ながらもまわれるだけサンフランシスコを体験してきました。
    せっかくなので、その中から撮ってきた写真を少しご紹介させていただきます。
    以下↓は全く「善徳女王」とは関係ないので、興味のある方、またはお時間のある方のみよろしければどうぞv



    海から見るサンフランシスコ
    逆光だったので街が暗くなってしまいましたが、海から見たサンフランシスコの街です。こんもりとした山のようになっています。港町特有の非常に坂の多い街で、地図を見てここを左に曲がって1ブロック行ったらケーブルカー乗り場ね!なんて軽く考えていたら痛い目に。1ブロックとはいえ、どどーーんとそびえたつ急こう配な坂!おかげさまで、時差ぼけもなく疲労感もたいして無いのに、筋肉痛という旅土産をいただいてきました…。

    アルカトラズ島
    わー素敵~v島にお城が建っている~♪ …というわけではございません。ここはアルカトラズ島、別名監獄島で刑務所として使われていた島です。あの有名なアル・カポネも収容されたことがあるそうな。今は島全体が博物館のようになっています。

    独房
    こちら独房、3層建になっています。ここの刑務所はオール個室だったので、他の刑務所に比べると待遇はいいほうだったとか。中をのぞくと簡単なベットにトイレに手洗い台といったつくりで。

    懲罰房
    これは懲罰房です。所内で懲罰を与える時に入れられたりしたそうなのですが、ここに入れられて狂人になった囚人もいるそうで。中にも入ってみたんですけど、戸をあけてても光が全くささなくてひんやりしているんですよ。すごい怖かったです…。悪いことは絶対にしないぞ!、と改めて心に誓いました。

    他にも脱走犯と交戦した時の銃痕や、それを鎮圧するために空から投下された手榴弾の跡とか、スプーンでせっせと独房の排水溝を広げそこから脱走した跡とか、リアルで起こったことだけにとても生々しいものがたくさんありました。運動場とかもありましたが、そこで「暴風前夜」のスインがバスケをしていました(大嘘)

    ゴールデンゲートブリッジ
    アルカトラズ島から見たゴールデンゲートブリッジです。世界で2番目に長い吊橋らしいですが、やはり近くで見ないとその迫力は伝わってきませんね(^^;

    フィッシャーマンズワーフ
    陸地に戻って、ここはフィッシャーマンズワーフ。いわゆるTHE観光地!ですね。ロブスターやカキなどの新鮮な海産物を出すお店がずらっと並んでいたり、お土産屋さんもたくさん。

    クラムチャウダー
    サンフランシスコに行ったら絶対食べるぞと思っていた、BOUDINベーカリーのクラムチャウダー。サワーブレッドの不思議なすっぱさとクラムチャウダーの塩かげんが合っていて美味しかったです。でもあとで食べようと別にTake outで注文したこのSOUP IN A BREAD BOWLシリーズのトマトスープver.の方が、私的にはもっと美味しかった(*^^*)

    パンダとオットセイ
    フィッシャーマンズワーフ内ピア39に大きな回転木馬があったのですが、オーソドックスなお馬ちゃん達の中に気になるふたりが。何なんだろう、この癒される気分は。しかもこれ回ってる時にシャッターを押したにもかかわらずオットセイくんからはカメラ目線をいただいていたりして、奇跡のツーショットなんですよ、これ(爆)

    ロンバートストリート
    先ほどサンフランシスコは坂が多いと書きましたが、世界一曲がりくねった坂道がここロンバートストリート。車がまるでトミカのように見えます。脇に歩道があってそこを使って上までのぼると、入口にはこの道を通ってみたい車の長蛇の列が。もはや道というよりは、アトラクションです。

    ケーブルカー
    そしてサンフランシスコといえば、ケーブルカー。あえてしがみついて乗っているのは、ステップに立って乗るステップ乗車が通ということで、このように。このケーブルカーは交通機関というよりはもはや観光客相手のアトラクションと言った感じで。海から坂の上へまっすぐのびる路線では週末は1時間待ちも。空き車両も何台か待機しているし、どうせアトラクションなんだからバンバン発車してくれればよいのに、そうはいかないのよね、やっぱ。

    さて、海外旅行では長い飛行機での時間がかかせません。特に地方住みの私はどこかで乗り換えをしなくては目的地にたどり着けないことが多く、今回は飛行機の時間の関係でソウル経由にしました。
    当日空港へ行ってみると札幌→ソウルの飛行機が満席ということで、ビジネスクラスにアップグレードしてもらえたんですよ!私よくこういうLUCKYに遭遇するんですが、恐らく一人でしかも、航空会社のHPから直接航空券を購入するからだと思うんですけど。シートは広いししかもほぼフラットになるんで、もうこのまま私をサンフランシスコまで連れて行ってvと甘えてみたもののそんな願いもむなしくソウルで降機し(当たり前)、ソウル→サンフランシスコ間は普通に予約通りエコノミーで。

    海外旅行の楽しみといえば、機内食というのもあり。札幌→ソウルの中で出た昼食はビビンバだったんですよ。なかなか美味しかったので、次の機内食もそりゃあもう期待しますよね。
    で夕食ターイム♪CAのお姉さんに、「ビーフ?コーリャンライス?コーリャンヌードル?」の3択で聞かれ、せっかく大韓航空に乗ったんだからコーリャン物よね。コーリャンライスを選んで昼と同じビビンバだったらイヤだし、ここはコーリャンヌードルだなと決めたところで、にっこり笑って「コーリャンヌードル」と答えたら、「ラミョンOK?」と。カルグクスとかビビンミョンとかを想像していた私ですが、持ち前のテキトーさで「OK、OK」と答えたものの、やはり、ん?と思った時はすでに遅し…
    機内食
    カップ麺かよっ!
    カップ麺(量少なめ)と少しのサラダとパイナップル2切れ。あとから非常にお腹がすいたことは言うまでもなく。
    しかも食事の終わりごろから気流の悪いところを通過し、シートベルトサインが付き。揺れすぎてカップ麺の汁がこぼれそうな位で。何が悲しくて飛行機の中でバランスを取りながらカップ麺を持ち続けなければならないのか、私。
    同じ飛行機ネタで1日で天国と地獄を味わった私でした。まぁこれもあとから旅のいい思い出になるよね…
    って、なるかぁーーーーー!(叫/w)
    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    mukugeさんへ
    mukugeさんこんばんは♪お帰りなさい!

    わあ!サンフランシスコとはびっくりです!
    2泊4日と言う日程から、日付変更線は通過するものと察せられましたが、アメリカ大陸までとは!

    私は東海岸しか行った事がないので、西海岸に憧れます(*^o^*)ロスとかシスコって海や空の広さをすごく感じるでしょうねーv

    でも、限られた観光タイムに監獄島を選ぶmukugeさんチョイスに萌えますvv
    あ、用事が監獄島だったら別ですが(笑)

    飛行機の座席のアップグレードは私も経験あります♪嬉しかったのですが、機内食はそのままなので、ちょっと残念でした。←十分ラッキーですv

    そして機内食がカップ麺とは…、ラッキーの後にはアンラッキーですね(>_<)でも旅行って、全部ひっくるめて楽しいですね!

    筋肉痛のおまけは余計でしたね。早く回復されますようにv
    あき | URL | 2012/03/23/Fri 21:52 [編集]
    あきさんへ
    あきさん、こんばんはーv 監獄帰りのmukugeですw
    サンフランシスコの海も空も良かったですが、やはりシャバの空気が一番ですね。

    東海岸はNYしか行ったことがないんですが、NYは都会で他人のことをあまり干渉しない感じですが、LAやサンフランシスコの西海岸の方が人もおおらかで人懐っこい気がします。NYが東京で、LAが大阪のイメージですね。あくまでも地方人の私からみた東京、大阪のイメージですが。
    サンフランシスコは確かに青い空に、広い海で素敵でしたが、風が強かったのでめちゃくちゃ寒かったです。リアルに北海道よりも(><)。

    機内食は、行きの札幌→ソウルと帰りのサンフランシスコ→ソウルでどっちも同じビビンバが出たんですよ。でも料理は一緒でしたが、行きのビジネスでは器が陶器というささやかなグレードアップでしたw
    ありがとうございます、筋肉痛がようやく治ってきたので、これからばんばん文字打ち込みまっせー♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/03/24/Sat 17:46 [編集]
    mukuge様 こんばんわw

    まずはお帰りなさいませ。旅の疲れはとれましたでしょうか・・・

    サンフランシスコだったのですねー。学生時代に一度行きました。
    ロンバートストリートアトラクション、体験したこと・・・、おお、懐かしや!今も変わらずに人気なのですね・・・。

    善徳と無理やり関連付けますと、女王が建立した芬皇寺の三重の石塔を守っているのはオットセイですから、トンマンラブのmukuge様にちとスケベチックな流し目を送ってくれたんではないかと・・・。
    私的には背景の模様にぴったりな夢見るパンダちゃんとオットセイ君のツーショットのゆるさ加減は大好物ですので、こういう写真大好きですー!

    機内食のカップ麺、側面の美人という文字、気になりました。コラーゲンたっぷり麺だったのでしょうか?美人275・・・美人2(に)7(なる)5(go!)・・・・・・っておあと、いまいちでおいとまいたします・・・
    げん | URL | 2012/03/24/Sat 22:56 [編集]
    げん様へ
    げん様、こんにちはーv ありがとうございます、ただいまです♪

    おおっ、このオットセイくんは陛下が遣わしてくれたのでしょうかね?
    この記事を更新してから、あれ?もしかしてこれオットセイじゃなくてアシカかも?(私には区別がつきませんw)とふと思いましたが、このままオットセイくんで押し通します(爆)
    そしてそういえば、トンマンが郎徒時代にチュクパンとコドが大化殿から盗んだ水差しと取り替えた海狗腎って、確かオットセイのアレを乾燥させたものでしたよね。なにげにオットセイとご縁がありますね(笑)

    カップ麺、商品名は「美人グクス275」らしいです。そうです、そうです!きっと美人2(に)7(なる)5(go!)ですよ、きっと。だって、よく見たら275kalって書いてありますもん。。。これってダイエット食なんじゃ?おなかがすいて当然じゃーん(爆)
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/03/25/Sun 15:21 [編集]
    mukuge様
    改めてお帰りなさい。仁川経由のサンフランシスコですかー。 張り込み記者を巻くような上級芸能人ぶりですね。
    しかも旅行写真に初めて「ときめき」ました。逝ってみたくなりました。(違)冥途カフェではあるまいし。(ググった直後でして)
    シアトルやフロリダのキーウエストは行ったことありますが、最近はブラタモリが好きな番組で「坂」が堪らんです。海も坂も両得感ですね。
    アルカトラズは宿泊予約で満員御礼だと先週ニュースで紹介しておりました話題スポットですねー。
    あっ、カップ麺おかわりできたはずですよー。航空会社によるかもですがドゴール経由のスイス行きのANAで風邪気味だと言って3個食しましたぞ。アイスバーも数量限定で希望者に配布とかあり申出勝ちみたいですね。
     話はオットセイ。 海狗腎 中国 一本(約70g) 36,000円(税込抜)いやん。おネエ化。ゆるキャラやりますね。日本にも 「オットセイ将軍」なるあだ名の11代将軍徳川家斉 がおりましたが、妾17人の腹からなんと55人!の子って。ミセン姉弟も常食していたに違いない!と言うことは、善徳女王は希少価値の高価珍品入手可能な訳で隠し子説が有力かも、うーん、効果は個人差ありますしね。ピダムは粉末状を口にしてもトンマンにはやめてほしいですね。でも、建立したお寺の守り神ってことは何か思い入れがあるってということで・・・。ぐふっ。げん様トリビア勉強になります!
    tada | URL | 2012/03/25/Sun 18:32 [編集]
    tada様へ
    tada様、こんばんはーv
    私はサングラスもマスクもしてはいませんが、芸能レポーターをまけたでしょうか?(←誰もはっていませんw)
    シアトル、フロリダ、スイス、tada様は素敵なところに行ってらっしゃるんですね。なかなか行くことのない場所なので、想像する景色だけで羨ましいです。
    そう、アルカトラズは人気なんですよー。前にNYに行った時に、自由の女神の王冠部分には2ヶ月前でも満員でのぼれなかった悔しい思い出があるので、今回のアルカトラズは3ヶ月前から予約を入れました。気合い入ってます、監獄ですがw 
    へぇー、カップ麺っておかわりできたんですね!。。。でも、いくらお腹がすいてもカップ麺2個はいやーーーーーぁ(超わがままw)。
    ミセンに海狗腎のCMやってもらったら、売れるかもしれませんね(笑)
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/03/26/Mon 19:35 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。