ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    新羅のがんばる老人たち ~韓国版DVDの特典映像より~
    本日9月15日は元敬老の日(ハッピーマンデーで正確には月曜日)ですね。
    私は両祖父母とも他界しておりますので、敬老の日のお祝いとして一番身近なお年寄りである同居の両親と一緒にケーキを食べてみました。韓国ドラマを見ながら・・・←日常となんら変わらずw

    さて、敬老の日ということでこちらの老人たちが前から気になっております。

    特典映像1

    韓国版DVDの特典映像のNG特集に入っていたものなんですが、天幕の中で白髪頭のユシン爺・ウォルヤ爺・イムジョン爺・トクチュン爺・パグィ爺・コド爺ともうひとり(一番手前の人ですが誰でしょうか?)がどこかの将軍とにらみ合っている図です。

    特典映像2

    ユシン爺がイムジョン爺、コド爺に何かの準備をしろと言って(韓国語がわかりません/汗)、そして対峙したまま剣を突きつけあいます。
    その相手は百済の将軍かとも思いましたが、それよりもよく見ると相手方が毛皮を身に着けて北方系のようで、またなんとなく台詞の抑揚とかの雰囲気とかから、
    『660年の黄山での新羅・唐の連合軍と階伯将軍率いる百済軍との戦いの際に、唐の将軍の蘇定方が金庾信将軍が約束の期日に遅れたとケチをつけ新羅の督軍の金文頴を軍門のところでまさに斬ろうとしていたが、これを見た金庾信将軍は兵士たちにむかって「大将軍は黄山の戦いも見もしないで、期日に遅れたといって罪にしようとするが、わたしは罪なくして恥辱を受けることはできない。それゆえまずどうしても唐軍と決戦してそのあとで百済を破ろう。」と叫んだ。そこで蘇定方将軍は金文頴を斬るのをとりやめた。』
    という『三国史記』にあるエピソードのような場面な気も。台詞を聞き取れたら全く違うシーンかもしれませんが(爆)

    特典映像3

    が、こちらNGシーン特集なので、もちろんNGシーンが(笑)
    勢いよく剣を突き出した勢いでコド爺の大きな剣についている赤いふさふさがふっ飛んだり(笑)、ユシン爺が卓にもたれかけさせている剣を思いっきりつかんで突き出そうとしたら、鞘をうまくつかむことができず鞘をふっ飛ばしてしまったり(笑)、コド爺カットがかかるまでがんばって剣を突き出していますが、剣の重みに負けガタっと崩れ手を抑えるコド爺に笑うユシン爺(笑)とか何回も撮り直しをw

    にもかかわらずカットになって本編には入らなかったんですよねー。もしかして最終回の善徳女王陵の前のアルチョンとユシンの場面でアルチョンが「ユシンが百済を滅ぼしました」と陛下に報告したあたりに入れる予定だったのでしょうか?せっかく皆老けメイクをしたのにカットとはもったいない!!
    トンマンのチュンチュへの遺言シーンもカットになっていることですし、それらのもったいないシーンを救済して全63話にすればよかったのに~
    でもそうするとあれですかね、1話延ばした分だけ、足りない部分は韓国ドラマにありがちな最終回の回想シーンのオンパレードに(ピダムが倒れる前とか、トンマンが息をひきとる前とか)なってしまったかもしれないと思うとそれはそれで間延びしてイヤなので・・・
    これで良かったんですよね、きっとv(超プラス思考w)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    ギャーッッwwww
    あ、すいませんつい雄たけびを。いや、話だけは聞いてたんですけどこのカットシーン、映像では初めてみたもので。たとえトンマンもピダムもいなくても、初めて見る善徳って心躍りますわね~。今晩はmukugeさん!ありがとうございすわ~いわ~い♪

    それでですね、mukugeさんのご推察通り、これは660年の黄山での出来事ですね。て何故断言できるかというと、隣国のブログにて、「カットシーンの脚本」というのを目にしまして、その中にこの場面がありました!半信半疑のままコピっておきましたが、これがそこの映像なんだ~!あれは本物の情報だったんだ~!て感動がひしひしと。

    で、翻訳機まかせの謎日本語ですが、それが出てきましたのでおいてきま~すw

    ☆カットシーン2

    字幕:13年後、660年7月11日。 サビソン郊外。 唐の兵舎。

    60代のユシンが座っていて、その後ろに月夜、ソルジ、コド、終焉(=イムジョンか?)、ドクチュン、拍などが立っている。

    渡るソジョンバン(字幕:ソジョンバン:唐の将軍)と党の長寿が座っていて、一部は立っている。

    ソジョンバン:(杖でテーブルをクァンハゴ降りて打って)唐軍と新羅軍が!
    サビソンで合流することにしたのは、昨日はなかったか!

    ユシン:将軍ケソヌン黄山ヶ原の熾烈な激戦を聞くことができなかった小イカ?

    ソジョンバン:戦場はどこも、激しくて、戦場の軍令はジオムハン法!
    軍令で治めなければさが正しくないだろうか?

    ユシン:(睨んで)......

    ソジョンバン:(お粗末な笑いで)責任者である金庾信の首をベリャするが...
    そうすることはオプゲトゴ... 負荷長寿一人の首を出さなければならない。
    誰がキムユシン将軍のために忠誠をするのか? どの奴がいいかな? アン?

    怒りに燃える月夜、ソルジ、ドクチュン、泊、終焉、コドなどの姿。

    ユシン、ギサウムイラヌン判断で殺伐とした笑顔をジトドニ...

    ユシン:(揺れないで謹厳に)首をベリャている場合、この維新の首をベリャする。
    (からかうように)そうだが... ソジョンバンあなたの奴が、果たしてそうだろうか。

    ソジョンバン:(立ち上がり)何だと! はい、この野郎! あなたのやつの首をベラにはできないベルようであるか!
    (手を集めて)皇帝陛下辺境の蛮夷をガヨイと ​​し、同盟をして、
    皇軍を送ってくれたどうして! どう​​して!

    ユシン:(立ち上がり)、どの同盟が首をベゲトダミョ! ゴプバクウルてるというのか!

    (ソジョンバンまっすぐにらんだまま)月夜! ソルジ!

    月夜ソルジ:はい、将軍!

    ユシン:(ソジョンバンをまっすぐに見て)今すぐに! .. 軍糧米を... テウと思います。

    ソジョンバン:(驚愕して慌てて)何だと!

    月夜:はい、将軍! すぐに挙行いたしますサオプニダ! (しソルジと一緒に出かける)

    ソジョンバン:(慌てて)のUMツィ.. どう ​​して...

    ユシン:(ソジョンバンまっすぐに見て)ドクチュン、泊!

    ドクチュン、拍:はい!将軍!
    ユシン:(ソジョンバンまっすぐに見て)全軍に臨戦態勢をガトチュラ早いだろう!
    同盟はケジョトウミョ! 唐軍と一戦を繰り広げるものと伝えなさい!

    ドクチュン、拍:はい将軍! (して忙しくしていく)

    ソジョンバン:はいちゃう! どこで脅迫をしているのか!

    ユシン:また! 終焉、コド! 私はキムユシンは、軍糧米が燃えるのを信号として、
    ここで、敵将、ソジョンバンの首をベルのだ! 準備だろう。

    臨終:はい、将軍!

    コド:はい、将軍!

    ば、唐軍の将軍たちが皆刀を抜く。

    終焉、高さをはじめとする、維新後、すべての長寿にも刀を抜く。
    このような状況で、さらに慌てたソジョンバン

    どうしていい知らないし、ユシンを見る。

    ドンボリャン:(ソジョンバンの耳に当てて、中国語で)ではないドゥェオプニダ。

    皇帝陛下の意に反することがきます... 決して... いいえドゥェオプニダ!

    ユシン:(狙って見るの)......

    ソジョンバン:(よりは手をあげて、兵士たちに剣を降るようにする)両軍が興奮しそう...
    ガトソある... (和み)の大業を前に、これらのどのような.. 仕事とは蓄積さ... 将軍...

    ユシン:(やはり剣を下すことにして)将軍こそ...大事業を控えて、 台を先に考えが必要でお探しですか...?

    ソジョンバン:もちろんイウェダ... 私の.. 間違いをヘトソある...

    ユシン:(微笑なり)......

    + + + + +

    以上です。謎部分は想像で補って下さいましー。
    りば | URL | 2012/09/15/Sat 22:53 [編集]
    うわわわww!!!
    mukugeさん こんばんわ!

    私、こんなシーンがあったなんて知りませんでした!
    へええvなんかわくわく私も心躍りましたです~~!
    でもってりばさんのブログ情報にてセリフ付きも楽しませていただけて・・・今になって新たな情報を知ることができるなんて思ってもいませんでしたのですごく嬉しいですv
    コドたちもふけメイクおじいちゃんになってたんですね~
    りばさん情報なら、一番手前にいるのはソルチなんでしょうね!チュンチュの遺言シーンのカットも残念でしたけどほんともったいないですねー。
    このシーンのみの方々も熱演お気の毒ですね。
    いやーいいものを魅せていただきましたvv
    げん | URL | 2012/09/15/Sat 23:08 [編集]
    りばさんへ
    うぉぉぉぉぉーーーっ!www 私も思わず叫んでみました。わーいわーい推理が当たってバンザーイ、りばさんこんばんはv
    そんな隠し台本があったとはー!ありがとうございます。りばさんが保存しておいてくださった台本のおかげでどんな場面かわかって嬉しいですー♪♪♪

    この場面、ユシンにしては結構怒っているのと、相手方の将軍が最後にわっはっはーなんて笑っているのを見て百済ではおかしいよなと思いまして。
    それで『三国史記』の中での660年の記述「かれ(ユシン)の髪の毛は逆立ってさながら植えたかと思われ」という部分をドラゴンボールの孫悟空かよwなんていうつっこみを入れながら読んでたのでよく覚えてたんですが、それにビンゴ!で嬉しいです~

    そしてこのりばさんが載せてくださったブログの台本とあわせてもう一度映像見返してみると、よく場面がわかりますー。よく聞いたらユシンがソジョンバンって言ってるように聞こえてきましたw
    映像で残されているのは、
    《ユシン:(ソジョンバンをまっすぐに見て)今すぐに! .. 軍糧米を... テウと思います。 》から《ば、唐軍の将軍たちが皆刀を抜く。》の部分と、《ソジョンバン:(よりは手をあげて、兵士たちに剣を降るようにする)両軍が興奮しそう... ガトソある... (和み)の大業を前に、これらのどのような.. 仕事とは蓄積さ... 将軍... 》の部分でした。

    そして、やはり面白すぎる自動翻訳機。りばさんさらに笑い仕込んでませんよね?(爆)
    ベラとかベリャとか妖怪人間かってくらい色々面白いですが、《ユシン:将軍ケソヌン黄山ヶ原の熾烈な激戦を聞くことができなかった小イカ?》が最高です。小イカって何ーーーー?(爆)

    そして、《字幕:13年後、660年7月11日》ってことで、いろいろ史実の時間の流れとは変えているドラマの世界ですが、善徳女王の没年はちゃんと647年として描いているんですね。
    おぉ、こんなところに重要な情報が。色々考える上での参考にとてもなります!

    答えがわかってすっきりしたのと、面白翻訳、両方楽しませていただきました。どうもありがとうございました~v v v
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/09/16/Sun 23:10 [編集]
    げんさんへ
    げんさん、こんばんはーv
    韓国版DVDの記事を書いた時にすぐ載せようと思ってたんですが、はっと気づけばあれから半年(滝汗)。遅くなりまして大変すみませーん。もったいつけようと思ったわけではないんですが(^^;

    しかし、りばさんの台本のおかげで一気に興奮が増しましたねー♪
    ユシンの台詞にパグィ、トクチュン、そしてイムジョンとコドは名前が出てきて、そしてウォルヤはもう相変わらず小さい画でもかっこいいのが伝わったのでw、あとは手前の人だったんですが、そうですね、謎の一番手前の人物はソルチということになりますね。熊さんのような体型的にソルチかな?とは思ってみたものの、なんかソルチの鎧とマントがとても立派に見えたもんで迷いまして。13年後にはソルチも出世したということにしときましょうか(笑) 
    そして13年経ってもパグィが相変わらず大ナタ持っているところがちょっと笑ってしまいましたw

    お楽しみいただけて良かったです。ありがとうございまーすv
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/09/16/Sun 23:36 [編集]
    爺様方が...
    mukuge 様、こんにちは!

    以前に雑誌のインタビューで、ウォルヤが「年取ったウォルヤがユシンとともに闘い続けてきたシーンがカットされて残念」とあったのですが、このシーンなどだったんですね。

    それにしても、ソルチって、何歳でしょうか?ウォルヤがやはり60代とすると、80代?
    こんなにたくさんの爺さん達が現役でねばっていると、下の世代は可哀想です(笑)。

    「カットシーンの脚本」はすごく気になります!話題の予告編あたりのもあったのでしょうか?
    トンマンとピダムがらみ以外でも、
    37話だかで、ピダムが、
    「次の新王は」
    「我が母ミシル」
    と言っている衝撃的な予告編がありますが、
    これも、台本ではどうなっていたのかとても気になっているので、本当に、予告編周りについては知りたいです。
    (この二つのセリフは、ひょっとして違う場面で言われているのかも。つまり、実際にはつながっていない?)
    midorin | URL | 2012/09/17/Mon 10:06 [編集]
    midorin様へ
    midorin様、こんばんはv

    ウォルヤがそんなことインタビューで言ってたんですねー。老けメイクまでしてたのにカットになったら、そりゃがっかりですよねー。
    史実のユシンは善徳女王の死亡時に52才、この660年の時点で65才。でもドラマではトンマンより年下なので、善徳女王死亡時には40才前、この660年の時点で53才よりも前になるでしょうか。にしては老けメイクが老け過ぎなような気もw
    ソルチ80才とはがんばりすぎですよね(笑)トンマンと初めて会った移民の村にいた時点がああ見えて30才くらいだとしたら、もうちょっと若く設定してあげることができるんでしょうか?若くして老け顔の人もいることですし(←失礼)

    「カットシーンの脚本」気になりますよねー。
    何度もしつこく言ってますが、ガイドブックを再編集したファンブックを作っていただいて、そこに幻の台本を載せてほしいですね。映像がないというならばせめて文字だけでも。

    「我が母ミシル」のくだりはほんと、不思議ですよね。カットシーンにしたって、ピダムにそれを言わせてしまうと全く話しの筋が変わってしまいますし、ここをカットしないで入れたとして、どういう話の流れにする予定だったのか。あの台詞を生かして話しの筋が変わらないようにうまく妄想しようと試みたりしてますが、うまく話しが繋がりません(> <)
    あの声ピダムに聞こえますが、実はハジョンとかの台詞だったりして。(声のトーン的にかなり無理な発想ですねw)
    この二つのセリフは、実際にはつながっていない?という説はありだと思います。こういう手法で予告にだまされることよくありますよねー。
    ううーん、真実を知ってすっきりしたいですねー!
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/09/17/Mon 22:44 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.