ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    国立中央博物館に行ってきた! 後編
    さて、いよいよ 金 冠 とご対面ですv

    国立中央博物館の先史・古代館の中に入ると、旧石器、新石器、青銅器・古朝鮮、扶餘・三韓、高句麗、百済、伽耶とそれぞれの展示室が続き、そしていよいよ目的の新羅室です。

    新羅室に入るとまず目に入るのが、立派なガラス張りのケースに入っていて素敵にライトアップされているまさにあれは!
    金冠
    うわぁー、金冠だぁ~~~vvv
    これだけでテンションうなぎのぼりです。

    国宝 第191号  金冠 (慶州 皇南大塚北墳)
    国宝 第192号  金製腰帯 (慶州 皇南大塚北墳)

    現存する新羅最大の墳墓、慶州の皇南大塚から出土したこの金冠と腰帯。皇南大塚は北と南に二つの墓が並んでおり、華やかな装身具が副葬されていることから王と王妃の墓と推定されるそうです。

    金冠アップ

    『善徳女王公式ガイドブック』によると、ドラマで使われた陛下の金冠は瑞凰塚出土の金冠のデザインに似ているということなので、この皇南大塚の金冠とは少しデザインが違いますが、それでもやはり新羅の王族がかぶった(実際にかぶったものではなく埋葬のためだけのものの可能性もありますが)金冠だと思うと、感無量でした。

    首飾り
    国宝456号 金製頸飾 (慶州 路西洞古墳)
    真ん中の首飾りに見覚えはありませんか?
    そうです!陛下が即位式の時につけていたあの首飾りのモデルになった金製首飾りです。
    ※お見苦しいものが写り込んでいますが、スルーしてくださいw

    金製耳飾り
    たくさんの金製耳飾りや腕輪が展示されていましたが、たぶん右から3つ目下から2つ目の枠の中にあるのが、
    国宝90号 耳飾 (慶州 夫婦塚)
    これも『善徳女王公式ガイドブック』によると、即位式で用いた耳飾りはこの耳飾りを応用したということです。

    これらの金冠、金製腰帯、金製首飾り、金製耳飾りを全部身につけるとこのようなイメージでしょうか。
    ヨウォン陛下
    はぁー(ため息)、美しい。。。。。
    この展示されている金冠の持ち主は王妃と推定されているので、このヨウォン陛下のように金を身にまとい、威厳のあるそしてとても美しいお姿で臣下や民の前に君臨していたのでしょうか?
    いえ、ヨウォン陛下は装飾品つけなくともお美しいんですけどねーv

    実は…というか毎度のことですが、ここにある展示物がドラマのモデルになっているということは、帰ってきてガイドブック読みなおしている時に気付いたんですよね(汗)勝手な思い込みで、なんとなくモデルになったものは慶州にあると思っていたので。知ってたらもっとちゃんと細かいところまで写真撮ってきたのにアホすぎる(> <)


    ローマングラス
    そしてここは暗くてあまり写りがよくありませんが…って、先に言うのを忘れていましたが、ここ国立中央博物館ではフラッシュさえたかなければ、写真撮影OKなんです。
    国宝193号 瑠璃容器 (慶州 皇南大塚)
    いわゆるローマングラスで遠くシルクロードの向こう西域からやってきたと言われる代物です。

    29話 ローマングラス
    当時、瑠璃容器を本当にこんな使い方をしていたかどうかは…定かではありません(笑)

    あとはこれは新羅室の中ではないのですが、写真に撮ったつもりがどうも見て興奮しただけで撮ってきてなかったらしい国宝3号 北漢山新羅真興王巡狩碑というものがありました。
    新羅・真興王が領土拡大の際に北漢山に立てた碑なんですが、ドラマの1話でも出てきていましたね。
    1話 北漢山の石碑
    実際の博物館にあったものは、このような派手派手しい龍の飾りはなく中の石碑のみで、しかも長年風雨にさらされて字は摩耗し、割れていました。そのような状態なので保存のために実物をこの博物館に移し、元々この碑があった北韓山には今はレプリカが建てられているそうです。

    * * * * * *

    新羅関係以外にもこの博物館には、百済の大香炉(←「薯童謠」でソンファからソドンへの最後の贈り物となったあの香炉)とか、百済の七支刀(←「近肖古王」で見たようなやつ)とか、朝鮮時代の風俗画(「美人図」に出てきた金弘道キム・ホンドや申潤福シン・ユンボクが書いたもの)とか、朝鮮時代の江戸城に入っていく通信使の行列図(←「イサン」のソンヨンみたいな図画署の人が書いたと思われる)とかもありました!…いちいちドラマ絡みの説明ですみません(爆)
    あとドラマ絡みではないところでは(笑)、国宝第78号 半跏思惟像はとてもやわらかい表情で素敵でしたが、三国時代の制作ということ以外はどこの国のものかもわからないんですよね。これも写真を撮り損ねているので…この時点ではブログを始めても、始めようとも思っていなかったので実物を見た!ってことで十分満足だったんですよねー、私。
    とまたまたしつこく言い訳をしたところでw、よろしければ国立中央博物館の公式HPをご覧になってみてください。収蔵品のもう少しちゃんとした写真が見れますので。日本語選択もできまーす。

    ということで、「善徳女王」満喫1日ツアー、1日以上満喫した私でした(笑)

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    mukugeさんへ
    mukugeさんこんばんはー♪

    ドラミア記事もすごく楽しませて戴きましたが、博物館も色々想像を掻き立てられる空間ですねーv

    この金冠もライトアップされたチョムソンデ←漢字変換断念 みたいに幻想的な展示の仕方ですね。複製ではなく本物なんですよね?トンマンやスンマンが付けていたのか、あるいはチュンチュの奥さんが付けていたのか…想像が膨らみますvv埋葬専用品案は却下です(笑)

    でも、写真は十分あると思います!私は旅行にデジカメを忘れる事すらあります(笑)途中で気付いても、携帯があるし…いっか!と開き直り、結局2、3枚しか撮らない事も…。
    でも今韓国に行くなら、久々に写真撮りまくるかも!そういえば、昨日仕事の帰りに旅行会社の前を通った時、思わず韓国のパンフをもらって来てしまいました。行く予定も無いのに(笑)

    このパンフとmukugeさんの記事で、すっかり行った気分ですv

    ニュースを見ていると少し不安になりますが、くれぐれも気を付けて楽しんで来て下さいねー♪
    あき | URL | 2012/04/24/Tue 21:01 [編集]
    あきさんへ
    あきさん、こんばんはーv いらっしゃいませ。
    金冠は本物らしいです。(←らしい、って!)
    そっか、女王じゃなくとも、チュンチュ嫁もこういう金の冠をかぶっていた可能性もあるんですよね。ドラマに出てきたポリャンじゃなくて残念ですが。

    旅行パンフレット、私も行く予定もないのにいつも貰ってきちゃいますよw 長い連休が取りづらい職場なので、ヨーロッパとかは憧れのまま、パンフレットで旅した気分になっています(^^)

    お気づかいありがとうございます!国際情勢もさることながら、私のもっぱらの心配はお天気のことで。晴れ女を自負しておりますが、レンタサイクルで周る予定なので、雨に降られたら予定総崩れで目も当てられません(>_<) 子トンマンに逆雨乞いをしてもらわなくてはw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/04/25/Wed 18:04 [編集]
    金のお宝が山盛り!
    mukuge 様 こんばんは!

    金のお宝が!なんて素敵なんでしょう。やはりたくさん持っているんですね。
    トーハクもそうなんですが、博物館は所蔵品全部をデジタル化して公開してほしいです。
    うーん、行きたい!
    韓国は遠くないし、計算してみると北海道旅行するより安いのですが(特に今ウォン安だし)、現在、家を空けられるのは一泊が限度なので...。

    慶州博物館編も楽しみにしています。
    midorin | URL | 2012/04/25/Wed 20:13 [編集]
    midorin様へ
    midorin様、こんばんはーv

    やはり金のお宝見るとテンションあがりますね。そんな成金趣味ではなかったはずなんですがw 金の収蔵品は新羅室だけではなく、伽耶室の方にもたくさんありました。百済室にも少しありましたが。高句麗はやはり収蔵品自体が少ないので…。

    韓国はたぶんお値段もさることながら、飛行機に関しても東京からだとたくさんの便が飛んでいるんでしょーね。
    自由な身体になった暁にはぜひに。midorin様が行かれる頃には、もっと素敵な収蔵物が発掘されて増えているといいなと思います。

    国立中央博物館のHPも一応収蔵品データーベースと言う名で検索できるようにはなっていますが、写真は小さいし、1ショットだし、ほとんどのものが説明なしだし、それにタイトルでしか検索ができないので検索しようにも全くヒットせず、結局はちまちま1ページずつ目的のものを探さなくてはいけないという中途半端さ。カテゴリ分けしてくれるといいのにと思います。入館料無料にする心の広さがあるならついでに収蔵品の完全デジタル化で世界に発信してほしいですよね。

    慶州の博物館ではこのソウルのリベンジとして、細部までの写真を取ってこようと思ってるんですが…有言不実行になりませんよーにがんばります♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/04/26/Thu 18:06 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.