ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    瞻星台 ☆ トンマンの理想へのはじめのいっぽ 
    大陵苑を出て1分も歩くか歩かないかのところで見えてきました!
    瞻星台 柵外
    瞻 星 台 チョムソンデだぁ~v
    柵の外からも十分見えますが、愛しの君を少しでも近くで見たいということで、入場料を払って中に入りました。入場料500ウォン。500エンと間違えそうになりますが、500ウォン。日本円に換算すると約35円って、そんな金額でこんなに興奮させてもらっていいのでしょうか?(笑)

    瞻星台に駆け寄る前に、ドラマの中の瞻星台の復習を。
    29話、トンマンが公主に復権して一番最初にとりかかる初仕事を会議で伝えます。

    「神国の天神の王女トンマンは本日より上天官を廃し、天文に関する情報をすべて民へ公開することにします。
    徐羅伐の地に、天文観測の基準点であり、民が閲覧できる暦本を天文台として建設いたします。その名は瞻星台です。」

    29話 瞻星台

    基壇にある12の石材は1年のうちの12ヶ月を指します
    円筒部の石材の数は365 上部にある井桁型の石は1日の4分の1を意味する これらは1年の日数を示すものです
    次に基壇から中央窓までの石段の数は12 窓から井桁型の石までも同じく12 この24段は二十四節気を指します
    井桁型の石と円筒部の階数は全部で28段 これは星座の二十八宿を意味します
    (ウォルチョン大師)

    「これで新羅の民は皆天候の変化を把握できます。天文を独占してきた神殿とその他のどんな者も、民の無知を利用して私腹を肥やせなくなります。」

    民を国の根幹とする政策をとるトンマンのはじめの一歩となる事業ですね。

    せっかくウォルチョン大師が説明してくださったので、それを図にしてみました。

    瞻星台 図

    白い文字はドラマで出てきたもので、ピンクの字はその他の諸説で聞いたことがあるものです。
    石の総数は、ドラマに出てきた365個という数の他に、361.5個または362個としている文献が多いです。361.5個もしくは362個とするのは旧暦の1年からきているようですが、思うに本当は361.5個(362個)だけれども、ドラマでは1年の日数を説明するのに現代の太陽暦の365日の方がわかりやすいのでそうしたのでしょうね、たぶん。だって、当時は旧暦のはずですもの。念のため韓国語音声と韓国語字幕のほうでも確認してみましたが、やっぱり365個でした。
    自分で実際に数えて確かめてみるのが一番なんですけどね…無理!(爆)

    ドラマ中のトンマンが説明に使っている絵の中に「二十四節気」と「二十八宿」も瞻星台の絵と共に書いてありますが、私にはよくわからなかったので調べてみました。 

    *「二十四節気」は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、一年を二十四に等分し、その区切りと区切られた期間とにつけられた名前だそうです。

    立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨 立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
    立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降 立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

    立春や冬至など現代でも身近に使われている言葉がありますが、毎年同じ時期に同じ節気がくることや節気の感覚が約15日で一定しており、半月ごとの季節変化に対応出来ることなどから、農業の目安としては非常に便利なものであるようです。

    *「二十八宿」は、天球における天の赤道を、28のエリア(星宿)に不均等分割したもので、またその区分の基準となった28の星座のことをいいます。二十八宿の星座は4つの方角の七宿ごとにまとめられ、その繋げられた形は4つの聖獣の姿に見たてられ、東方青龍・北方玄武・西方白虎・南方朱雀の四神に分けられたそうで。

    東方青龍―角宿 亢宿 氐宿 房宿 心宿 尾宿 箕宿
    北方玄武―斗宿 牛宿 女宿 虚宿 危宿 室宿 壁宿
    西方白虎―奎宿 婁宿 胃宿 昴宿 畢宿 觜宿 参宿
    南方朱雀―井宿 鬼宿 柳宿 星宿 張宿 翼宿 軫宿

    昔の天文学の基本となっており、またこの宿によって何かを行う時の吉日を決めたようですが、瞻星台の地鎮祭もこれに従ったのでしょうかね、やっぱり。角宿とか井宿とか二十八宿中最大の吉運の日という鬼宿とか。


    さて、一番上部の井桁の部分の面は東西南北にそれぞれきっちり向いているそうです。
    ということで、近づいていってそれぞれの面から見てみましょう。

    ● 南
    瞻星台 南
    出入り口の面が真南を向いています。

    ● 東
    瞻星台 東
    南の位置から反時計回りに周ると東面。
    右に傾いているのがおわかりでしょうか?

    ● 北
    瞻星台 北
    南面の入り口のある方が正面とするならば、こちらがお尻になります。
    向かって右側でたむろしている男子学生達。修学旅行生なのか強制的に連れてこられた風で瞻星台には興味ない感じで。どこの国でも同じですね(笑)
    瞻星台の大きさを伝えるのにこの男子学生に役立ってもらいますw

    ● 西
    瞻星台 西
    ちょうど太陽の方向が、南東の方にある時間帯だったので、逆光で瞻星台が暗くなってしまいました。
    周りに何も無く、日中は太陽の動きで影が動き、日時計のように1日の時を知るめやすにもなりそうです。

    ドラマ中でピダムが瞻星台のことを、
    「王や神官だけでなく、種をまき、作物を育て、収穫する民にも天候や二十四節気や四季について学ばせるそうです。そのために瞻星台なるものを建てると。羊皮紙や紙でできた暦本ではなく、それ自体が暦の一部である建物です。」とムンノに説明しています。
    瞻星台は天文台ではなく、宗教的象徴物・祭壇などの説もありますが、やはり天文を観測しそれ自体が暦の一部となった建物とみたほうが心躍りますよね。

    次回は、瞻星台の内部へGO~!の巻ですv

    ※画像を選択いただくと拡大して見れるようになってます

    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。