ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    師匠という名の父
    ほんとうに息をひきとる直前、やっとムンノはピダムの心根を知りました。
    でもピダムに一緒に徐羅伐を離れて修行をし直すと言っておきながら、ピダムを後継者として花郎とする書状を胸に持っていたところをみると、ムンノも迷いながらも本人の望むようにピダムを花郎にしてトンマンに仕えさせることも念頭に置いていたのでしょうね。
    そう考えると、もしあそこでムンノとピダムが戦わなければ…、もう少し早くピダムの本心をムンノが知ることができたら…、もしかしたらピダムの立派な花郎姿をムンノが見ることができたかもしれないですよね。見せてあげたかった、そして見てもらいたかったです。

    師匠という名の父

    父の日によせて


    関連記事

    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する

    父の日
    mukuge 様

    素敵なカード(?)です!
    セレクトした写真の表情もレイアウトも。

    ムンノ役の方、お見かけした作品(チュモン、HIT、花男)の中では、ムンノの扮装が一番似合っていると思っています。
    でも、私個人の善徳のベストファーザー賞はソルォンさんでしょうか。
    お時間がありましたら、ソルォン&ポジョン編を!
    midorin | URL | 2012/06/10/Sun 10:09 [編集]
    midorin様へ
    midorin様、こんばんはーv
    これ結構苦労したので、素敵って言ってもらえて嬉しいで~す。最初ムンノの最期の場面を使おうと思ったのですが、なんか静止画でくりぬいちゃうと、涙の場面なのに男同士の怪しい場面みたくなっちゃって(汗)
    ソルォンさんがナイスダティというのは、私も同感です!ソルォン&ポジョンver.心高まりますが、でも、トンマンとピダムはあのシーンでのこんな表情というのはだいたい頭に入っているのでどんな構図にしようかイメージした瞬間ぱっと画像を探せるんですけど、ソルォンとポジョンはノーマークで(笑)いつになるかはわかりませんが、イメージにあう表情見つけて作れたら載せてみま~す。忘れた頃になるのは間違いないとは思いますがw
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/06/11/Mon 00:02 [編集]
    mukugeさんへ
    mukugeさんこんばんは♪

    本当にこの二人の表情いいです!顔は似ていないのに、角度や表情が同じだと、親子のように似て見えますvv

    それにこの二人が登場する場面って、比才の時以外は、二人ともボロい服を着ている事が多いので、正装?をしている二人が揃っている所は貴重ですw
    本当に、国仙と花郎として並ぶこの親子vの姿が見たかったです!

    イベント好きの私ですが父の日SSは思い付かないなー(>_<)一瞬ミセンパパが頭に浮かびましたが、ちょっと却下(笑)
    学校行事もあって今週忙しいので、諦めます。
    私も映像や写真を加工して気の利いた画像を添付してみたいですw

    素敵な画像をありがとうございましたーvv
    あき | URL | 2012/06/11/Mon 01:30 [編集]
    あきさんへ
    あきさん、こんばんはーv
    特に意識的にしたわけではないんですが、気付いたら同じアングルになっていましたね(笑)
    そして、何故か親子に見えるのがマジックですよね~(ドラマ上でも他人だし、役者的にはもっと他人w)
    私ピダムに関してはボロ服連呼してたんですが、今回あきさんのレビューにのっかって25話を見返してて、ムンノもボロ服だったんだと今さら気づきました(遅)。今まで気にしたことがなかったのでおっ、と。まぁボロ服といっても二人とも清潔感あふれるボロ服ですがw 
    私も父の日にミセンも頭をよぎったんですが、百何人も画の中に収まりきれないのでやめた経緯がありました(爆)
    イベント好きのあきさんの妄想に火がつく次のイベントが待ち遠しくてなりません。う~ん、暦を見てみましたが、海の日までめぼしいものは無いんですね(笑)
    こちらこそ、ありがとうございました♪♪
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/06/11/Mon 19:33 [編集]
    と~さんは~夜なべをして♪
    花郎服作ってくれ~た~♪ いつも通り遅れて参上してみました。BGMつきで。

    えー、私は最初この記事がUPされた時、mukugeさん予約投稿の記事を、間違えて投稿しちゃったのかなー?と。でもその後も普通にコメント返しされてるので、 面白そうだから黙っとこうと・・・ いえ、七夕も一カ月違うし、北海道の父の日は一週間早くくるのだろうと思うことに。オーストリア・ベルギー基準で。北海道だから。

    さて父の日画像、黒、白、グレーの色調で、ムンノが死んでずいぶんたってもユシンに話題振られると表情固まってた、師への複雑な、でも確かな思慕の念やまず・・・なピダムを思い起こさせますー。二人を囲むわさわさしたのも(表現力貧困ですみませぬ)草原みたいで、死に際におんぶして走ってたそば畑を思い出します・・・

    んで、mukugeさんも触れられている花郎服なんですが。ムンノの国仙としての権威をもってすれば、花郎服作ってる部署に頼んでおいた、で話はすむとは思ってるんですが。

    以前見た慶州ドキュメンタリーで、韓国には「ヌビ」という伝統衣裳の縫法があると聞きまして。ものすっごく細かい縫い目がびっしり揃ってる手も時間もものすごくかかるものなんですが、その先生が「自分を抑え雑念を捨てて心を無にすることが大切」「修行と考え自分を高めるためにやってます」と言われてまして。

    それで思ったのは「どうしよう、あのピダムの花郎服、ムンノの手縫いだったら・・!!」でした(笑)という訳で今日のBGMはとうさんの歌で。続きを歌いながらおいとまを・・・。仙門の風は冷たかろうて、せっせ~と縫っただよ~♪
    りば | URL | 2012/06/23/Sat 23:52 [編集]
    りばさんへ
    ♪徐羅伐のたよりは届く~ 鶏の炭焼きのにおいがした~
    って、こんにちは、りばさんv 

    > えー、私は最初この記事がUPされた時、mukugeさん予約投稿の記事を、間違えて投稿しちゃったのかなー?と。でもその後も普通にコメント返しされてるので、面白そうだから黙っとこうと・・・ 

    さすが上天官ソりば様、予言どおりに面白いことになってしまいました。本人だけが全く気づいていないというお恥ずかしい状態に。まぁ、恥で笑いを稼げれば本望です!

    > 二人を囲むわさわさしたのも(表現力貧困ですみませぬ)草原みたいで、死に際におんぶして走ってたそば畑を思い出します・・・

    おおっ!そこは狙ってわさわさwしたんで、気づいてくださって嬉しいです!二人が本心をさらけだして和解した最後の場だったんで、それを象徴したくって。といいますか、あれはそば畑だったんですね。私あんまり何も考えず、ススキノだ~と思ってました。なんせ札幌人だからw

    > それで思ったのは「どうしよう、あのピダムの花郎服、ムンノの手縫いだったら・・!!」でした(笑)

    ムンノが誰も寺に近づけるなと言って籠もっていたのは三韓地勢執筆のラストスパートのためかと思っていたんですが、ピダムの花郎服をチクチクと手縫いするためだったんでしょうか(笑)真心をこめて一針一針縫っていったと想像すると涙が出てきます。
    でもどうしよう、あのピダムの花郎服、自分で手縫いしていたら…!ムンノの手紙を見て、昔指南してもらった縫法で師匠を思いながらチクチクと。手先の器用なピダムゆえにリアルに想像できて笑えます。何話かの予告でトンマンが「ピダムを見なかったか?」という場面がありましたが、ピダムが姿を消していたのは寺に籠もって花郎服をチクチク縫っていたからとか!?ムンノの手縫いは泣ける話ですが、ピダムの手縫いを想像するとふつふつと笑いがこみ上げてくるのでやっぱだめです…!w
    mukuge(むくげ) | URL | 2012/06/24/Sun 15:11 [編集]
    トラックバック
    トラックバック URL

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。